企業コード
226
  • 企業の特徴:
  • 資格制度、社員教育が充実
  • 既卒学生を積極的に採用している
官公庁
長野県警察
あらゆる事件・事故から大切な人を守りたいという【熱い気持ち】をもって「安全で安心な長野県」の実現に努めます。あなたの熱い思いが長野の未来を守ります。
  • 基本情報
  • 採用情報
  • もっとPR

採用学校区分

  • 大学院
  • 大学
  • 短大
  • 専門学校
  • 高専

採用方法

平成26年度の採用試験日程が決定しました。

【警察官(A・平成26年10月採用)(大卒 男性・女性)】
【警察官(A・平成27年4月採用第1回)(大卒 男性・女性)】
  受付期間   3月20日(木)〜4月16日(水)
  第1次試験日 5月11日(日)

【警察官(A・平成27年4月採用第2回)(大卒 男性・女性)】
【警察官(A)(大卒 武道指導(男性)・情報処理)】
  受付期間   5月26日(月)〜6月20日(金)
  第1次試験日 7月13日(日)

【警察官(B)(大卒以外 男性・女性)】
  受付期間   7月7日(月)〜8月8日(金)
  第1次試験日 9月21日(日)

【警察職員上級(大卒程度 行政・鑑識心理・鑑識化学・鑑識法医)】
  受付期間   5月5日(月)〜5月23日(金)
  第1次試験日 6月22日(日)

【警察職員初級(高卒程度 行政)】
  受付期間   8月11日(月)〜8月29日(金)
  第1次試験日 9月28日(日)

選考基準

★受験申込書などの入手方法
 各試験の公告日以降にお渡しすることができます。
 ○ 長野県内の警察署、交番、駐在所で直接受け取る
 ○ 長野県警察ホームページから資料請求する
 ○ 長野県警察ホームページからダウンロード(印刷)する

★受験申込み方法
 受験申込書に必要事項を記入し、受付期間中に長野県警察本部警務課または、長野県内の警察署、交番、駐在所に
 ○ 直接持参し提出
 ○ 簡易書留などの確実な方法で送付
または、
 ○ インターネットによる電子申請
のいずれかで申込んでください。

警察官・警察職員の採用試験には、第1次試験及び第2次試験があります。

【警察官】
 ☆第1次試験:教養試験、論文(作文)試験(※論作文の採点は第2次試験)
 ☆第2次試験:口述試験、集団討論(A区分のみ)、適性検査、体力検査

【警察職員】
 ☆第1次試験:教養試験、専門試験(上級)、論文試験(上級)
 ☆第2次試験:口述試験、作文試験(初級)、適性検査

このほかに、身体検査及び受験資格などについての確認を実施します。

採用数

採用予定数については、各試験の公告日に発表します。

【各試験の公告日】
警察官A(平成26年10月採用、平成27年4月採用第1回)
 3月20日(木)
警察官A(平成27年4月採用第2回、武道指導、情報処理)
 5月19日(月)
警察官B
 7月3日(木)
警察職員上級(行政、鑑識心理、鑑識化学、鑑識法医)
 4月17日(木)
警察職員初級(行政)
 7月17日(木)

●平成25年度 採用試験合格者数(参考)
 警察官A
  平成25年10月採用    男性23名、女性3名
  平成26年4月採用第1回 男性83名、女性23名
  平成26年4月採用第2回 男性20名、女性11名、武道指導1名(男性)
 警察官B
  平成26年4月採用    男性49名、女性9名

 警察職員上級
  行政 5名、鑑識化学 1名
 警察職員初級
  行政 3名

募集職種

公務員

待遇

☆初任給 平成25年4月1日現在(※給料月額に地域手当を加えた額)
 【警察官】
  大院卒 約222,100円
  大 卒 約207,500円
  短大卒 約190,300円
  高 卒 約174,500円
 【警察職員】
  大院卒 約194,400円
  大 卒 約181,400円
  短大卒 約158,000円
  高 卒 約146,600円

☆昇給、賞与、諸手当
 【昇 給】
  年1回(特別昇給制度あり)
 【賞 与】
  年2回(6月、12月)
 【諸手当】
  条件により、扶養手当、住居手当、単身赴任手当、超過勤務手当、特殊勤務手当などの各種手当が支給されます。

☆勤務時間
 勤務形態は、通常勤務、毎日勤務、交替制勤務があり、いずれも週休2日制で勤務時間は週38時間45分です。

☆福利厚生
 ○物資の斡旋、貸付金制度(一般、医療、住宅など)、各種祝金(結婚、出産)、見舞金、弔慰金などの給付制度や自己啓発活動に対する助成金制度など充実しています。
 ○定期的に人間ドック(補助金制度あり)や定期健康診断を実施し、職員の健康チェックを行っています。
 ○充実した余暇を過ごせるように気軽に利用できる保養施設が全国にあるほか、会員制スポーツジムとも契約しています。また、福利厚生専門の代行業者と提携し、職員の福利厚生の充実を図っています。

☆休暇
 ○年次休暇
  20日(2年目からは繰越あり、最大40日)
 ○特別休暇
  夏季や結婚、忌引などの際に規則に定められた日数
 ○療養休暇
  90日間(成人病などは最大180日)
 ○育児休業
  子供が3歳に達する前日まで
 ○元気回復事業
  2日間

☆採用時教養
  警察官に採用されると、初任科生として長野県警察学校に入校します。全員が警察学校内の寮に入り、集団生活を通じて同期生としての絆を深め、お互いに励まし合いながら警察官として必要な知識や技能を修得します。
  入校期間は大卒6か月間、大卒以外は10か月間です。
  法律や警察業務などの授業や柔剣道については、全く知識がない人を前提として教官が基礎から教養します。
  警察職員の場合は、採用後、警察学校において約2週間の基礎教養を受けます。

  • 基本情報
  • 採用情報
  • もっとPR